ブログトップ | ログイン

アジアノオウジサマ

asianoojis.exblog.jp

ぷりんまま♪が本能の赴くままに書き綴るちょー自己満足ブログ。ただ今、台湾、韓国放置中。特撮大好き(俳優さん+スーアクさん+ガワLove♪)大きな意味で全てひっくるめてオウジサマっつーことで。(笑)

<   2007年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧



ブログを読んで・・・


『乙女』



を感じずにはいられない今日この頃(笑)

私の場合、仮面ライダーだの、ウルトラマンだの、
その他特撮がきっかけで、

イマドキの『イケメン俳優』と呼ばれる人たち
ブログを読ませてもらうことが多いのですが、

10代の子たちを筆頭に、
なんと『乙女』な子たちの多いことか・・・。

最近の若いオトコノコは、多かれ少なかれ、
オンナノコ化しつつあるんでしょうかねぇ。

ドラマとか見て、けっこー好きになっても、
あまりに可愛い『乙女』の部分を目の当たりにしてしまうと、
どうしても、一歩引いてしまうんだな~(笑)

ま~、そうは言っても、
中には、同じ『まめ』でも、ひじょーに
オトコノコな方もいらっしゃるし、
一概には言えないとは思いますが・・・。

プログを読ませてもらって、たまーーに
メッセージなんかも書いてみたりすると、

今までなら、わざわざファンレター書いて、
出して、相手が読んでくれたかどうかかなりの時間
どきどきして、稀に返事とかもらうと、
飛び上がって喜んで、それはもう、『宝物』になってしまうわけで、

それに比べてイマドキは、

『ファンとスターの距離』

がほんとに近くなってるんだな~と実感します。


リアルタイムの自分を、画像と文章という2つの手段で、
世界の違うこっち側の人間に伝えてくれる。

とてもありがたいことではあるんですが、
何故か、トオイ目になってしまふ、ぷりんまま♪なのでした(笑)
by asianoojisama | 2007-09-29 19:42 | 日本関係


あまりにもハマってしまい、
一気に見終わってしまいました。

いや~、とにかくすごかった。

スケールのでかさといい、
ドラマとしての面白さといい、

30分の子供向け番組とは思えないほど、
食いついてしまいました。

とりあえず、近未来とかではなく、
現代が舞台なので、何かとリアルだったし、
極上のSF見た感覚・・・。

怪獣も、セットも、とりあえずこりゃーお金が
かかってるぞ・・・全然妥協してないぞ!!!

なすんばらしい出来。
(今まで見たので、一番すごいかも・・・)

主人公は、高山我夢(吉岡毅志)っていう天才大学生。
地球をまもりたい一心で、XIG(シグ)に入隊し、
オペレーションクルーとして、そして、
ウルトラマンガイアとして頑張る。

大体、ウルトラマン役ってのは、
体力と勇気と誠実さだけは負けないぞっ
ていう(笑)青年がやるのが通常なんだけど、
ガイアの場合は、それに頭脳が加わってる
ちょっと変わった設定。

青年っていうより、少年って感じだし。

天才ってのは、めがねかけてて、インドアで・・・
ってイメージですが、ガイア@我夢くんは、
これがまた素直でふつーに可愛くていい子なんですわ。

楽しみにしてたアグル(青いウルトラマン)役の、
高野八誠くんも、変身前は、真っ黒な王子様ブラウス
胸をはだけて、ネックレスとかもしてて、
天才なのに、まるでホスト(笑)

想像以上の綺麗さで、
(龍騎の時より断然美しいです)
やっぱし仔仔にうりひとつでした(笑)

参考までに、以前のそっくりさん記事はコチラ

あ、そういえば、先日、高野くん結婚されたそうですが、
お相手は、ガイアのストーリーの中でお互いに惹かれあうという
設定だった、吉井玲子役の石田裕加里さんだそうで。
(4歳年上なんですってよ、奥様・・・笑)

へぇ~ガイアが育んだ愛だったのね・・・と、
けっこー感慨深いモノが・・・。

高野八誠くんと我夢役の吉岡毅志くんも、ガイア以来の
親友だそうで、結婚式の司会は、吉岡くん。
なんか、すごいですね~。

大御所の役者さんたちが脇を固めてるせいか、
とにかくみっちり地に足がついてる
見ごたえのあるすばらしいドラマでした。

主役の吉岡くん・・・。
彼がねーー、ほんっとにいいんですよ。
もうね、めちゃめちゃ好き・・・。

元来、賢そうな男子にはめっぽう弱い私ですが、
彼も、役だけではなく、素もひじょーに賢そうでして(笑)

演技も、オーバーでなく、目がしっかりしてて、
若いのに、なめらかってか、しっかりした色気があるってか、
すごい好きな感じなんですよね~。
(演技の仕方、吉沢悠くんに似てるかも)

あと、忘れちゃならないのが、
今回の目的だった、スーツアクターの権藤さん

顔出しも顔出し・・・めちゃめちゃ演技されてて、
これがかっこいいのなんの。
30話では、主役ですよ、主役・・・。

カツゼツもよく、演技も手慣れてる感じで、
ほんとに役者さんなのね~と感心しました。

隊員の時とウルトラマンの時を見比べては
乙女のポーズだったことは、言うまでもなく・・・(笑)

ティガで、権藤さんと一緒にティガのパワータイプを
やってらした中村さんも、34話の主役。

あと、アグルのスーツアクターさんで、
これまたスタイル抜群の清水一彦さんも、
らくだ便の人の役で、ちょこちょこ出てました(笑)

捨て話がないくらい、全話よかったんですが、
特に好きなのは、29話の「遠い町・ウクバール」と、
35話の「怪獣の身代金」

35話の「怪獣の身代金」に出てくる、古田鉄工所の
愉快な仲間たち
大好き~(笑)


特に、幸男役の、山野拓也くん(ブラックパイナーsos/お笑いの人)
が、ピくんにそっくりで、めちゃめちゃタイプ。
身長も、185センチなんですって。ん~まじ似てる・・・。
by asianoojisama | 2007-09-28 08:06 | ウルトラシリーズ


先日、うっかり惚れてしまった、ティガ@権藤
素顔の権藤さん見たさに、「ウルトラマンガイア」他
16本をまとめて禁断の(笑)スポットレンタルしてみました。

いくら1本200円だとは言っても、
今月は、Mプラン+スポットレンタル16本分だから、
5000円超えますな~あ~あ・・・やっちゃったよ・・・(泣)
(スポットレンタルとは、月々のレンタルとは別に、
1~16本まで借りられ、たくさん借りればそれだけ1本につき安くなる
というシステムなのです)

ま~しかし、

マンタイプ好みの私にとって、
高野八誠くん演じるウルトラマンアグル
ひじょーに魅力的だし、なんたって、
権藤さんが隊員役で出るんだもんね~あ~楽しみ~。

ってことで、感想はまた後日。

**************

あ・・・そうそう・・・
伊藤慎さんがやった「スカルマン」も、どうやら
特典映像に、伊藤さんばりばり出てるらしい。

これも、借りなくっちゃ・・・(笑)
by asianoojisama | 2007-09-26 04:09 | その他のスーツアクター


やっと見終わりました。
ん~私にしてはかなり難産だったな~(笑)

一言で感想を言うとしたら、

グレーな作品だったな~

ですかね~。
いい意味でも、悪い意味でも。

カイト役の青山草太くんは、ひじょーに
爽やかでよかったんです。
(個人的には、あの感じは大好きなので)

ただ、あっさりしすぎと言うか、
ヒーローとしては、色が薄い感じ。

それに相対して、ミズキ役の長谷部瞳の
暑苦しい演技も最後まで好きになれず、
(彼女、綾野剛くん主演の「イヌゴエ」に出てる
人だったのね~演技の仕方が全然違うので、
しばらく気づきませんでした・笑)

黒部さん(『ウルトラマン』のハヤタ隊員)や、
桜井さん(『ウルトラマン』のフジ・アキコ隊員)に
出演してもらってるところも、
評価に値するんだろうけど、

「ほれほれ、懐かしいやろ~ど~や~」的に、

「ウルトラマン」の変身ポーズ入れて来る
あたりが、わざとらしくてくどく感じたな~。

せっかく、エリーみたいに、近未来な
可愛いアンドロイドが出てるのに、
何故か、画面全体が暗いと言うか、古臭いというか。

佐野史郎のナレーションも、
とってつけたようで、白々しく感じて
しまいました。

途中からの、色んな人の脚本による
オムニバス的な展開も、奇をてらいすぎだとしか思えず、

多分、マックスは、

「地球人と同じように、
宇宙人にもいい宇宙人や悪い宇宙人がいるし、
地球人は、自分たちのことだけではなく、
これからの地球のことをもっと考えて
みんなで地球を守って行こう」


とか言いたかったんじゃないかな~とは思うけど、
そこら辺も、ほんとにグレーだな~と。。。

ただ、空中戦はすごかったと思います。
めちゃめちゃスピード感があったし、
すばらしかった。

あと、渡来さんが出て来るお話に、
突然、徳山さんが出てきた時は、
びっくりしました。

おいしいぞっ、徳山さんっ!!!

とにかく、あんまりいいこと書けなくて、
ほんま、すみません。
正直に書いてしまいました。
by asianoojisama | 2007-09-24 04:56 | ウルトラシリーズ


ん~何から書いたらいいのか迷うほど、
たくさん書きたいことがあるのですが、
結果から言いますと・・・


ティガは名作でした!!!←きっぱり



今回は、「ウルトラマンティガ」
「ウルトラマンマックス」どっちから見ようか迷った結果、
両方同時に見始めて、見続けたい方を続けることにしたのですが、
なんともあっさりティガの勝利でした(笑)

10年前の作品とは思えないほどの出来栄え、
当時は、リアルタイムで見たこともなく、
何故か、V6のオープニング曲だけは、
「かっこいい曲だな~」
と知ってた程度。

改めて、オープニング映像見ながら
曲を聴いて、やっぱかっこいい!!!と、再確認しましたよ。

ああいう感じの曲、大好きです。
オープニングを飛ばさずに、毎回一緒に歌ったのは、
(歌ったんかいっ!!!←自分突っ込み)
ティガが始めてかも(笑)

なんなら、V6の踊りも覚えたいほど(笑)

ダイゴ隊員役の長野くん、意外にも爽やかで
なんか癒されるな~とか思いながら見てました(笑)

GUTSのほかの隊員も、皆さんうまくて、
隊長のイルマ役の高樹澪さんなんて、
ちょー綺麗だし、リーダー(副隊長)も、
ぴしっと真面目で素敵だし、
シンジョウ隊員も、ホリイ隊員も、ヤズミ隊員も、
みんなよかった。

ただ、レナ隊員が、途中あたりから、ダイゴ隊員や、
挙句の果てに、ティガを呼ぶ声までエロくなって来ちゃって、
なんか、こっちが恥ずかしくなりました。

女女(おんなおんな)してるレナ隊員と、
あっさり爽やかなダイゴ隊員のカップル・・・
なかなか面白かったです(笑)

あと、ゲストで結構有名どころが出てるとこも、
すごいです。


実は、ティガをさくさく見られたのには理由が
ありまして(笑)

ティガの場合、

マルチタイプ
パワータイプ
スカイタイプ


という3タイプに変身するわけですが、
この時に、タイプ別に、2人のスーツアクターさんが
演じ分けてるんです。

で・・・早い話、私が惚れたスーツアクターさんが
その中の1人、権藤俊輔さんといいまして、
すんごい美しいプロポーションなのですよ~。

もうね~、スカイタイプ@権藤なんて、
青紫×シルバーで、私の大好きな造型。

ウエストなんて、きゅっとくびれてて、
手足も長くて、アクションにもキレがあって、
何より、動きがいちいち美しい・・・。

1話30分の中で、権藤さんの時と、違う人の時を
いかに見極めるか・・・という一人遊び
思わず夢中になってしまい、

結果、さくさくと最後まで一気に見てしまった・・・
というわけです(笑)

我ながら、なんて動機が不純・・・(自爆)

いや・・・でも、権藤さんも美しかったけど、
怪獣とティガが戦ってるセットもすごかった。

ほんと、いい仕事してますね~って感じでした。

例えば、村越しに遠くで戦ってる
ティガと怪獣・・・なんてシーンも、

ほんとにひとつひとつの家や、なんなら洗濯物まで
リアルに作りこんであって、「ウルトラマン80」以来、
16年ぶり
という、円谷プロの意気込み
感じずにはいられませんでした。

ストーリーも、ありがちな、

隊員一人一人に順番にスポットを
当てて、そのサブストーリーにひっかけて
最後は怪獣が出て来て、戦って、やっつけて終わり!
みたいな一辺倒じゃなくて、

毎回、趣向を凝らして、すばらしい出来だったと
思います。

あ~熱く語ってしまいました(笑)


・・・ということで、残ったマックス、ぼちぼち見てますが、
どーも進まなくて、ん゛~って感じ。

で、色々調べてたら、権藤さんがなんと、「ウルトラマンガイヤ」
隊員役で、出てらっしゃるらしい。

もともと、彼は役者さんだったらしく、

とーぜん、ガイヤの中にも入ってらっしゃるとの
ことなので、早速、レンタルDVDで借りてみようかな~とか
思ってます。



******************************

◆おまけ◆

実は、「ウルトラマンティガ」は、香港でも
放送されてて、その主題歌を歌ってたのは、
なんと、イーソンだったんですね~(笑)

◆eason chan 陳奕迅 超人的主題曲(YouTube)
by asianoojisama | 2007-09-21 03:52 | ウルトラシリーズ


書きたい感想がたまってるので、
「美味學院」の感想を。

**********************
◆美味學院(avex映像インフォメーション)

◆デリシャス5◆
北坂 狼馬(きたさか ろうま):西島隆弘(AAA)
桂城 秀吾(かつらぎ しゅうご):與真司郎(AAA)
高杉 凛(たかすぎ りん):相葉弘樹
マシュー・ペリエ:三浦涼介
南郷 隆司(なんごう りゅうじ):中村優一(D-BOYS)

◆デリシャス四天王◆
虎堂 研(こどう けん):天野浩成
沖田 司(おきた つかさ):永山たかし
土方 歳輝(ひじかた としき):河合龍之介
徳平 慶伸(とくだいら よしのぶ):城咲仁

◆ゲスト審査員◆
カルロ笹山:斎藤工

◆その他ゲスト◆
三条アゲハ:木下あゆ美

**********************

オンタイムでちょこちょこは見てたんですが、
やはり最初っからしっかり見たい!!!ってことで、
改めて、最初っからがっつり見てみました。

なんたって、このメンバーですからね~。
はずせないっしょ~(笑)

まずは、デリシャス5の5人。

AAA、けっこー好きなんです(笑)
中でも、西島くんの可愛さは群を抜いてるな~と
常々思っておりましたが、
いや~やっぱ可愛い

AAAの2人は、演技初挑戦とか言ってるけど、
めちゃめちゃうまいです。
演技者として、じゅーぶんやってけるレベルですね~。

相葉くんは、今回演技してるのは初めて見たんですが、
(「スキトモ」見なくちゃ・・・と思いつつ、まだ手を出してません・笑)
なんとカツゼツのいい子。
しゃべりがすっきりしてて、ほんとに可愛い
八重歯キラーン!なんですよ。
やっぱ、「スキトモ」マストですかね~(笑)

三浦涼介くんは、皆さんご存知、三浦浩一・純アリス夫妻の三男坊。
セイザーXの時より、ぴったりな役だったな~。
髪の毛のストレート+くるんくるんがめっちゃ可愛かった。

そして、中村優一くん。
彼は、こういう壊れた3枚目もできちゃうんですね~。
ってか、もうすでに、ひいき目なんですけど・・・。
とりあえず何しても可愛い(笑)

はい、お次は、デリシャス四天王
全員大好きです(笑)

ってか、「四天王」って言葉に弱いのかも・・・。

天野さんは、着流しがひじょーによく似合ってて、
無駄に男前だし、

永山くんも、お顔はちょっと疲れてたものの、
相変わらずの、元気一杯な演技がさすがだったし、

河合龍之介も、天野さんとはまた違ったオトコマエさが
素敵だったし、

密かに、城咲仁嫌いじゃないし・・・(カミングアウト?!)

なにより、こんな素敵な4人が、『四天王』などという
これまた素敵な言葉でくくられてるんだもの・・・
素敵じゃないはずかない(笑)

ゲスト審査員の斎藤工くんも、
巻き舌で頑張ってましたよね・・・
(ブログを見ると、かなりこだわった人にお見受けしますが、
役は選り好みしないのかな~)

あ・・・あと、アゲハ役の女子・・・
「怨み屋本舗」のお姉さんだよね。
あの独特の喋り方と、
女子高生らしからぬ堂々とした佇まいでわかったけど、
高校生の役って・・・(笑)

ま~とにかく、デリガクは、面白かったです。
私的には、めちゃめちゃアリの方向ってことで・・・(笑)
by asianoojisama | 2007-09-20 03:06 | 日本関係


今回、見たのは、コチラ↓。

***************************

第一期
◆ミュージカル『テニスの王子様』

越前リョーマ:柳浩太郎
手塚国光:滝川英治
大石秀一郎:土屋裕一
不二周助:Kimeru
菊丸英二:一太郎
乾貞治:青山草太
河村隆:阿部よしつぐ
桃城武:森山栄治
海堂薫:郷本直也
堀尾聡史:石橋裕輔
加藤勝郎:豊永利行
水野カツオ:堀田勝


越前リョーマ役の柳くんが、限りなくリョーマ的素敵
みんな、歌も演技も、すごいというレベルじゃないのに、
何故か、見入ってしまうこの魅力はなんなんだ???

原作はきちんと読んだことないんだけど、
これを見ただけで、とりあえず、キャラは
覚えられたし、かなり面白かった。

特に、乾役の青山草太くん、めがね男子がぴったりかも・・・(笑)
あと、個人的に、ホリオ&カチロー&カツオの3人組
可愛いかった。

***************************

◆ミュージカル『テニスの王子様』Remarkable 1st Match 不動峰

越前リョーマ:Kimeru((柳浩太郎が事故のため一時的に代役)
不二周助:永山たかし

氷帝
伊武深司:小西遼生(旧芸名/小西大樹)2007年1月19日に改名

kimeruのリョーマは、イマイチ、らしくなかったけど、
急な代役であんだけやるのはえらいな~。

リョーマ役になったKimeruの代わりに、
不二周助役には、永山たかしが。
なんか、若くて可愛いぞ(笑)

氷帝の伊武深司役の小西大樹、芸名変えたのね。
あのツンツン加減は、牙狼の鋼牙と1ミリたりとも違わなかった(笑)


***************************

◆ミュージカル『テニスの王子様』Dream Live 1st

小西遼生(旧芸名/小西大樹)の歌が底なし沼のように素敵だった(笑)


***************************

◆ミュージカル『テニスの王子様』More than Limit 聖ルドルフ学院

手塚国光:大口兼悟

キャプテンの手塚役が、大口くんに代わった。
すげー美しいし、歌もうまいしでびっくりした。


***************************

◆ミュージカル『テニスの王子様』2004-2005 in winter side 不動峰~special match~

越前リョーマ:遠藤雄弥、柳浩太郎
不二周助:Kimeru
菊丸英二:永山たかし

事故の為に、遠藤代役でやってた公演の最終回
柳も、まだ回復してないまま、ダブルキャストということで
出演。

永山たかしは、元気いっぱいの菊丸役の方が
いきいきしてていい。

最後の、卒業シーン、ちょっとかんどーした。


***************************

今回見たのは、第一期。
第二期以降、見てみたい出演者はコチラ↓。

■青学

大石秀一郎:鈴木裕樹(二期)
不二周助:相葉弘樹(二期、三期)
乾貞治:荒木宏文(二期)
河村隆:森本亮治(追加公演)小谷嘉一(二期)


■氷帝(第二期キャスト)

跡部景吾:加藤和樹
忍足侑士:斎藤工
向日岳人:青柳塁斗
宍戸 亮:鎌苅健太
日吉 若:河合龍之介

早く、レンタルに出ないかな~。

***************************
■おまけ

最初っから最後まで気になったこと。



・・・Kimeruが、○○○に見えて仕方なかった・・・(笑)
by asianoojisama | 2007-09-19 21:04 | 日本関係


「ミュージカルテニスの王子様」シリーズ6作
「美味學院」全話
「DD-BOYS」1、2


を見てます。

D-BOYSというのは、ワタナベエンターテインメントに所属
する若手の俳優集団のことで、

和田正人 (わだ まさと 1979年8月25日 高知県出身)
中川真吾 (なかがわ しんご 1983年5月8日 栃木県出身)
荒木宏文 (あらき ひろふみ 1983年6月14日 兵庫県出身)
鈴木裕樹 (すずき ひろき 1983年10月3日 岩手県出身)
牧田哲也 (まきた てつや 1984年6月7日 愛知県出身)
柳浩太郎 (やなぎ こうたろう 1985年12月21日 ドイツベルリン出身)
城田優 (しろた ゆう 1985年12月26日 東京都出身)
中村昌也 (なかむら まさや 1986年4月30日 大阪府出身)
五十嵐隼士 (いがらし しゅんじ 1986年8月7日 長野県出身)
遠藤雄弥 (えんどう ゆうや 1987年3月20日 神奈川県出身) リーダー
中村優一 (なかむら ゆういち 1987年10月8日 神奈川県出身)
加治将樹 (かじ まさき 1988年1月29日 東京都出身)
瀬戸康史 (せと こうじ 1988年5月18日 福岡県出身)
柳下大 (やなぎした とも 1988年6月3日神奈川県出身)
熊井幸平 (くまい こうへい 1990年7月27日 兵庫県出身)

の15名。
(黄色字・・・知ってる人)

↓詳しくはコチラ
◆D-BOYSオフィシャル
Wikipedia

それぞれの感想は、また後日っつーことで。
by asianoojisama | 2007-09-15 23:43 | 日本関係


ヤフオクをうろうろ見てたら、

神話のエリック激似

モデルさんを見つけてしまった(笑)

ね~すげー似てません???
c0006667_8341773.jpg

c0006667_8343278.jpg

c0006667_834464.jpg

c0006667_8345876.jpg

by asianoojisama | 2007-09-15 22:00


先日の桜井侑斗熱が高じて、
案の定、「プリプリD」「仮面ライダー響鬼」
引っ張り出して見てしまった私ですが・・・

響鬼の造型のすばらしさに、
改めて心を奪われてます。

ああ・・・伊藤さん・・・素敵・・・(笑)


鬼の中で、特に造型が好きなのは、

①仮面ライダー鋭鬼(エイキ)
②仮面ライダー響鬼(ヒビキ)


の2体。

響鬼のフィギュアは、1つ持ってるんですが、
(てれびくん読者プレゼントのビッグサイズソフビ)

色々見てると、またまた欲しいモノが出て来た出て来た(泣)

まずは、

メディコム・トイ
  「projectBM! 仮面ライダー響鬼 (12インチアクションフィギュア) 」

これは、ほんとにリアルで、伊藤さんの立ち姿そのもの
ああ・・・なんて美しい立ち姿なの???
全長約30センチ、私の大好きなビッグサイズで、
しかも、あのてらてら感もリアルに再現。
高いよな~でも、欲しいよな~(悩)
c0006667_751859.jpg





ハイパーホビー限定 「仮面ライダーエイキ」
  ハイパーホビー限定 「仮面ライダーダンキ」
  フィギュア王限定 「仮面ライダーサバキ」の3体セット ヤフオクより

これは、とりあえず、エイキだけ欲しいです。(一番左)
エイキの色の美しさが見事に再現できてて、かんどーモノだわ~。

そして、色々見てるうちに、大好きなカリスちゃんを見つけて
しまいました。
リアルさでは、私が持ってるビッグサイズソフビには
劣るものの、かなり悪そうで、間接が可動なので、
好きなポーズが取れるのです。




S.I.C.VOL.36 仮面ライダーカリス&ギャレン

ギャレンはいらんのだけども、これのすごいところは、
カリスちゃんとジョーカーが同じ素体デコレできるところ。

それぞれマスク、装甲など、パーツがついてて、
それを着せ替えるんですね~。
ああ・・・欲しいよぉ・・・。
c0006667_7151975.jpg

c0006667_7153333.jpg

c0006667_7154758.jpg

by asianoojisama | 2007-09-13 06:54 | フィギュア