ブログトップ | ログイン

アジアノオウジサマ

asianoojis.exblog.jp

ぷりんまま♪が本能の赴くままに書き綴るちょー自己満足ブログ。ただ今、台湾、韓国放置中。特撮大好き(俳優さん+スーアクさん+ガワLove♪)大きな意味で全てひっくるめてオウジサマっつーことで。(笑)

幸薄いヒーロー(笑)


いやーー、随分長い間放置してしまって、すみませんでした。

別に何がどうしたってことはないのですが、おおっぴらに書けない事が多すぎて、
mixiの方に逃げてたりとか・・・(笑)

久しぶりに書きたいことができたので、書きますね。

***************************

最近、「ミラーマン」(古いほうね)見てます。

最初は、あまりに暗すぎて、キツイものがあったんですが、
それに慣れてしまうと、さすがの円谷作品、話のうまさ、カメラアングルの斬新さ、
ミニチュアの美しさ、リアルさ、それから、

何より、

ミラーマンの幸薄さ。。。というか、なんとなーくものがなしいところに
釘付けになってしまって、

あと1枚で見終わってしまうのが惜しいほど。

ミラーマンって、半分以上、夜戦ったり、くらーい異次元で戦ったり、
まじ、暗いんですよ(画面も)・・・。

それに、地球の為に戦ってるのに、いつも苦悩してるし、なんなら、ピンチの時に、

「すまない・・・ミラーマン・・・私たちにはどうすることもできない・・・」

と、すぐに御手洗博士にさじを投げられてしまうし・・・。

嗚呼・・・可哀想・・・(泣)

ミラーマンが、インベーダーと戦って、地球を守ってるということを知っている地球人は
一体どのくらいいるのだろう・・・。

おおっぴらにちびっ子に慕われるわけでもなく、ウルトラマンのように、
「頑張れーー!!!」と励まされるわけでもなく、

死ぬとしたら、きっと、人知れず・・・になりそうだし。

鏡京太郎がミラーマンであると知っている御手洗博士ですら、
すぐに諦めてしまうのだから、きっと最後まで、鏡京太郎の死(ミラーマンの死)は
誰にも知らされないんだろうな・・・。

ほんと、幸薄い・・・幸薄いにもほどがある。

その幸薄さは、ミラーマンのフォルムを見ても、すぐわかる。

地味ーーな、グレーだか、シルバーだかわかんない色に、濃い緑。

ぴこんぴこんはついてるものの、ウエストのベルトに申し訳程度だし。

いつも泥だらけで、あんなに端正な顔立ちなのに、お世辞にもかっこいいとは言いがたい。



でも・・・でもね・・・

私は、かっこいいと思いますよ。

円谷作品の中でも、この作品は、作品としてかっこいい。
当時、どんなコンセプトで作られたのか、詳しく知りたくなってしまいます。

ヘヴィーな特撮ファンの方なら、絶対うなづいて下さるはず。
是非、ご覧になってみて下さいませ。
by asianoojisama | 2010-07-30 13:17 | その他の特撮関係